半月板損傷

こんなお悩みは、かもめ整骨院にお任せください

  • 膝に強い痛みを感じ、痛みが続いている
  • 膝が引っかかったような痛みを感じる
  • 膝に力が入らない感じがする
  • 膝の曲げ伸ばしができない
  • 膝関節部が腫れて膨らんでいる

半月板損傷の症状

膝に体重がかかる時や、膝の曲げ伸ばしをした時に痛みが見られるほか、膝関節の動きに違和感がある、うまく動かない、一定以上に曲げ伸ばしができないといった関節運動の制限、可動域の狭まりが見られる。

太もも前面の筋肉「大腿四頭筋」の筋力低下や萎縮などの症状が見られることもあります。傷ついて裂けた半月板が何かの拍子に関節に挟まると、膝の曲げ伸ばしができない「ロッキング現象」が起こります。加えて激痛で歩行困難になる場合もあります。

半月板損傷の原因

膝は体の中でも特に体重による負荷が大きくかかる箇所で、片足に体重の10倍以上の負荷がかかることもあり、そのため半月板にも大きな力が加わります。

急激な動きや無理な体勢によって膝を酷使したり、膝を強く打ち付けた時などに、吸収しきれないほどの負荷がかかることで半月板が欠けたり断裂したりすることがあります。

運動中の膝の怪我によって多く発生する為、急性のスポーツ外傷に分類されています。サッカーやラグビーで走りながら急激に方向転換をしたり、野球で捕手が膝を深く曲げた姿勢から送球をする時など、多くは膝が無理に捻られたり伸ばされた時に起こります。

若い人に比較的多い傷害で、外傷によるものが殆どですが、加齢に伴う半月板の老化や負荷の負荷によって切れるケースもあります。この場合、時間をかけてゆっくりと切れていく為、痛みもゆっくり現れます。

膝の関節を外側に曲がた時は内側の半月板が、膝の関節を内側に曲げた時は外側の半月板が損傷します。

半月板損傷の治療

膝を極力使わないよう安静にしつつ、半月板の破損の状態に応じて損傷した部分を修復するための治療法が採られます。

破損が軽度で症状が軽ければ、手術を行わず患部を温めたり、サポーターで固定するなどの保存療法で対処します。膝が伸ばせないロッキングなどが見られる場合は、破損した半月板を縫合、または切除する手術が行われます。

平塚市・鎌倉市大船 かもめ整骨院グループの各院のご紹介

  • 平塚駅北口より徒歩3分平塚院

    平塚院フリーダイヤル0120-184-002

    かもめ整骨院平塚院受付時間

    かもめ整骨院平塚院外観

    〒 254-0034
    神奈川県平塚市宝町9-1
    星和平塚宝町ハイツ1F

    詳細

  • JR大船駅笠間口より徒歩3分大船院

    大船院フリーダイヤル0120-184-418

    かもめ整骨院大船院受付時間

    かもめ整骨院大船院外観

    〒 247-0056
    神奈川県鎌倉市大船2-17-10
    カサハラビル1階

    詳細

  • かもめ整骨院花水院

    花水院フリーダイヤル0120-184-417

    かもめ整骨院花水院受付時間

    かもめ整骨院花水院外観

    〒 254-0822
    平塚市菫平8-20 菫平ビル1F

    詳細

ページのトップに戻る