平塚市鎌倉市かもめ整骨院の症例ブログ

必要?いらない?搭乗者傷害保険~人身傷害補償保険との違いを解説~

必要?いらない?搭乗者傷害保険
~人身傷害補償保険との違いを解説~

自動車保険(任意保険)には大きく分けて4つの保険があります。

①対人賠償保険
②対物賠償保険
③搭乗者傷害保険
④人身傷害補償保険

 

この4つがベースとなり、その他諸々の特約をつけると言った感じですね。

この4つの中で、対人賠償保険、対物賠償保険はみなさんご存知だと思います。
交通事故によって他人を死傷させてしまったり、他人の財物に損害を与えてしまった
場合に補償される保険のことですね。

 

残りの2つの【搭乗者傷害保険】と【人身傷害補償保険】については違いがいまいち分かってない方が少なくありません。

ここではどういった保険で【搭乗者傷害保険】と【人身傷害補償保険】が
どういった保険でどんな時に使えるのかを説明したいと思います。

 

搭乗者傷害保険

 

 

搭乗者傷害保険とは

加入している自動車に乗った搭乗者が交通事故で死傷または後遺障害を被ってしまった場合
その過失に関係なく補償してもらえる保険です。

 

 

 

ここでいう【搭乗者】とは
・自動車の運転者
・助手席や後部座席の同乗者のことをいいます。

 

そしてなんと言ってもこの保険の特徴は【保険を使っても等級が下がらない】ことです!!

 

等級が下がらない!?

 

 

因みに対人賠償や対物賠償保険を使うと翌年の等級が3等級ダウンしてしまいます。

 

 

 

搭乗者傷害保険金の支払い方法

搭乗者傷害保険金の支払い方法は保険会社によって3つのパターンに分けられます。

①日数払い
②部位別・症状別払い
③完全定額払い

 

日数払い

日数払いとは保険会社や契約内容によって異なりますが入院1日につき7,500円

通院1日につき5,000円といったように入院もしくは通院にかかった日数分だけ定額で保険金が支払われるといった方式になっています。

 

また、保険金の支払対象期間は事故日から180日以内となっていることが多く

支払限度額が設定されている場合もあります。

 

部位別・症状別払い

部位別・症状別払いは治療にかかった日数とは関係なく、むちうち(頚椎捻挫)5万円
腕の骨折15万円といったようにケガをした部位や症状の程度によって決められた金額が支払われる方式で入院通院が4日以内の場合1万円の支払い、入院通院が5日以上の場合は部位・症状別の程度によって10万円~100万円となります。

こちらも支払対象期間は事故日から180日以内となっていることが多いです。

 

完全定額払い

完全定額払いは怪我をした部位や症状の程度に関係なく、定額の金額が支払われる方式で
入院通院が4日以内の場合1万円の支払い、入院通院が5日以上の場合は10万円となっている保険会社が多いです。

部位別・症状別との違いは5日以上の入通院の場合は部位・症状程度に関係なく定額の支払いとなっているところです。

こちらも支払対象期間は事故日から180日以内となっていることが多いです。

 

人身傷害補償保険

人身傷害補償保険も搭乗者保険と同じく加入している自動車に乗った搭乗者が死傷または後遺障害を被ってしまった場合自身の過失に関係なく補償してもらえる保険で、こちらも使用しても翌年の等級が下がりません。

 

これも下がらないのっ!?!?

 

このように搭乗者傷害と補償内容が似ているので混同してしまっている方が多いのではないでしょうか?

 

 

搭乗者傷害保険と何が違うの?

 

補償範囲の違い

人身傷害補償保険も搭乗者傷害保険も契約車両の搭乗者を補償する点では同じですが
人身傷害補償保険の補償範囲は搭乗者傷害保険より補償範囲が広く設定されています。

 

①契約者とその家族は契約車両以外に乗っていた時の事故や歩行中の事故でも補償
②相手のいない単独事故も補償
③相手が無保険車の場合も補償

 

このように搭乗者傷害保険では補償されない幅広い範囲が補償されます。

 

支払い金額の違い

搭乗者傷害保険は日数や怪我の部位・症状の程度によって定額で支払われますが
人身傷害補償保険は自分の過失の有無に関わらず、実際にかかった損害額が支払われます。

 

例えば交通事故を起こして自分も重傷のケガを負い、1000万円の損害が出たとします。
その時自分の過失が4割、相手の過失が6割だった場合は相手の対人賠償保険からは自分の過失分4割が相殺(減額)された600万円しか支払われず、残りの400万円は自己負担となりますが、人身傷害補償保険に加入していれば自己負担分の400万円を人身傷害補償保険から支払ってもらえます。

 

 

このように人身傷害補償保険は搭乗者傷害保険と似ていますが実はかなり便利な保険なんですね!

 

搭乗者傷害保険はいらない?

人身傷害補償保険があれば搭乗者傷害保険なんていらない!と思う方もいらっしゃるかもしれません。確かに補償範囲や支払われる金額を考えたら人身傷害補償保険だけでもいいかと思ってしまいます。

 

しかし、搭乗者傷害保険は加害者からの損害賠償金、自賠責保険、各種障害保険金などと関係なく支払われ、請求した場合はお見舞金や一時金といった意味合いでスムーズに保険金が支払われますので当座の費用に充てることができます。

 

ですので多少保険料は割高になってしまっても搭乗者傷害保険も併せて入っておいたほうが安心ですね!

 

まとめ

このようにご自身の自動車保険にも使っても等級の下がらない保険やお見舞金がもらえる保険など様々な保険があります。

 

現在は安い自動車保険がとても増えてきていますが、金額だけにとらわれずしっかりと補償内容を確認することが大切です。

 

事故を起こしてから『入ってなかった・・・』なんてことにならないように今一度ご自身の自動車保険の内容を見直してみてはいかがですか?

 

 

 

 

平塚市・鎌倉市大船 かもめ整骨院グループの各院のご紹介

  • 平塚駅北口より徒歩3分平塚院

    平塚院フリーダイヤル0120-184-002

    かもめ整骨院平塚院受付時間

    かもめ整骨院平塚院外観

    〒 254-0034
    神奈川県平塚市宝町9-1
    星和平塚宝町ハイツ1F

    詳細

  • JR大船駅笠間口より徒歩3分大船院

    大船院フリーダイヤル0120-184-418

    かもめ整骨院大船院受付時間

    かもめ整骨院大船院外観

    〒 247-0056
    神奈川県鎌倉市大船2-17-10
    カサハラビル1階

    詳細

  • かもめ整骨院花水院

    花水院フリーダイヤル0120-184-417

    かもめ整骨院花水院受付時間

    かもめ整骨院花水院外観

    〒 254-0822
    平塚市菫平8-20 菫平ビル1F

    詳細

ページのトップに戻る