腸脛靭帯炎(ランナー膝)

こんなお悩みは、かもめ整骨院にお任せください

  • 走っていて膝の外側が痛い
  • 何か引っかかるような感じがする
  • 膝・脚に力が入らない
  • 痛いからゆっくり走る
  • 膝の外側周辺に限って押されると痛い

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の症状

腸脛靭帯と大腿骨外側上顆との間の機械的刺激により腸脛靭帯炎が生じると考えられてます。自覚症状としては、ランニングによる膝外側の疼痛が特徴的です。これは「ランナー膝」ともいわれ、通常走行開始時に痛みはなく、距離の増加とともに痛みが出現する。腸脛靭帯炎が発生しやすいスポーツには、陸上の長距離競技、自転車競技などが挙げられます。

大腿骨外顆周辺に限って圧痛が存在し、腸脛靱帯は明らかに緊張が増し、靱帯の走行に沿って疼痛が放散する場合があります。
初期はランニング後に痛みが発生しますが、休むと消失します。しかし、ランニングを続けていると次第に疼痛は増強して、簡単に消失しなくなってきます。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の原因

腸脛靭帯炎を発症しやすい内的要因として、内反膝、回内足が挙げられます。内反膝は膝関節の内反のトルクを増大させ、腸脛靭帯に負担をかけ、回内足のランナーは膝の内旋が強くなって膝の外側支持機構に負担がかかり腸脛靭帯炎を生じやすいといわれる。また、中殿筋の筋力低下はその代償として、大殿筋と大腿筋膜張筋(腸脛靭帯の近位部)の同時収縮を引き起こすことにより、腸脛靭帯の緊張を増加させます。

また、ランナー膝はランニングによる膝関節周辺のスポーツ障害の総称で、さまざまな病態が含まれます。狭義のランナー膝として腸脛靱帯が膝部外側で摩擦し、疼痛が発生する腸脛靱帯炎といいます。腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害の代表です。膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こし、疼痛が発生します。

腸脛靭帯炎(ランナー膝)の治療

腸脛靭帯炎の治療は保存療法で行います。疼痛の強い急性期はランニングを休止させて安静にし、炎症症状が落ち着いてから温熱療法、電気療法などを試みます。緊張緩和を目的に、大腿筋膜張筋から腸脛靭帯のストレッチを行い、疼痛が出ない範囲での抵抗で、股関節外転筋群の筋力強化訓練を開始します。
伸張ストレス減少を目的に、インソールやテーピングで対応することも効果的です。
ランニング開始時は、ショックを十分に吸収できるランニングシューズを使用し、ゆったりした速度でストライドを小さくし、平らな柔らかい路面で行うように指導管理します。とくに、傾斜している路肩の走行は避けましょう。

平塚市・鎌倉市大船 かもめ整骨院グループの各院のご紹介

  • 平塚駅北口より徒歩3分平塚院

    平塚院フリーダイヤル0120-184-002

    かもめ整骨院平塚院受付時間

    かもめ整骨院平塚院外観

    〒 254-0034
    神奈川県平塚市宝町9-1
    星和平塚宝町ハイツ1F

    詳細

  • JR大船駅笠間口より徒歩3分大船院

    大船院フリーダイヤル0120-184-418

    かもめ整骨院大船院受付時間

    かもめ整骨院大船院外観

    〒 247-0056
    神奈川県鎌倉市大船2-17-10
    カサハラビル1階

    詳細

  • かもめ整骨院花水院

    花水院フリーダイヤル0120-184-417

    かもめ整骨院花水院受付時間

    かもめ整骨院花水院外観

    〒 254-0822
    平塚市菫平8-20 菫平ビル1F

    詳細

ページのトップに戻る